見事な創造力 ソロモンの偽証 後篇 裁判 DVD

商品説明

映画|ソロモンの偽証 後篇・裁判の動画を無料でフル視聴できる配信サイトまとめ.ソロモンの偽証 後篇・裁判 DVD - メルカリ.ソロモンの偽証 後篇・裁判 が見放題! Hulu(フールー) お試し無料.おはようございます ヒロチ~の最近のDVDを見るならこれ!.映画|ソロモンの偽証 後篇・裁判の動画を無料でフル視聴できる配信サイトまとめ.ソロモンの偽証 前篇・後篇 DVDの通販 by 池内屋|ラクマ.ソロモンの偽証 後篇・裁判』作品情報 cinemacafe.net.ソロモンの偽証後篇・裁判.連続ドラマW 宮部みゆき「ソロモンの偽証」』DVDが9月7日発売 - TOWER RECORDS ONLINE結局結論は、最初に戻っただけ。ただ、大人たちはそこに至る過程は大筋理解を示していたが、子供たちが納得する為に、また、自殺した当事者となまじ中途半端にかかわったが為に話がややこしくなった感じで、前編の期待感から落胆へと一気に変わってしまった。特に衝撃の事実なども無く、自分がもし裁判に参加していたら時間を返してといいたい。ただ単にメンヘラ中二病の柏木君に振り回された人たちは、当事者達の自己満足で話が終わりめでたしめでたしとなったが、柏木君は地獄できっと更なる中二病を発症していると思う。柏木君は偽証しながら自分に嘘を吐いてまで生きられず、松子も偽証せず正直に打ち明けようとしたが為に交通事故で死んでしまった。柏木君は常軌を逸しているが、正直に生きるには潔癖な柏木君には生きづらく、深堀りされず自殺し、そここそが今回の発端で、柏木君の闇に誰も触れないことこそ、登場人物がある程度納得させ、それでも生きていくと、柏木君に偽善や邪悪と言われた人は清濁併せ胡麻化しながら生きており、これこそソロモンの偽証の言いたいことであり、だれもが偽証して生きており、松子は正直に生きようとしたから物語上殺され、精神的に潔癖すぎた柏木君は、それこそ救いようがないと嘆いて死んでいったのかもしれない。ようは何も根本的な解決はしておらず、柏木くんの親の対応も普通すぎる。親はそもそも柏木君の闇を知らないのか知っていたのか。生きているいじめっ子やいじめられっ子、幼馴染など全て親が強烈に問題があったのに対し、柏木君の親は何も問題がなさそうに見える。そう見えるだけで実はサイコパスなのか。この親ありてこの子ありを地で行っている子供たちと対比すると、柏木君の親は相当闇があるのかもしれない。それほど消化不良であり不完全でもやもやした終わりで、回想で最後に校長が、「我が校ではいじめがない」と言ったことが、最高に鳥肌が立ち、恐怖を感じた。, まず気になったのが、死んだ女の子を追悼するブラスバンドの演奏会の演奏が、妙にプロっぽくてエンドクレジットを着目したら、やはり中学生の演奏では無かった様です。もう一つ気になったのが、最後の所で現在の場面で、余貴美子の校長が尾野真千子に向かって、(裁判の後)この学校ではいじめや自殺は無くなった、みたいな事を述べます。本当かよ、自分に都合のいい判断じゃないと言う気持ちと、あれ、それがソロモンの偽証の意味かなって感じました。生徒の死や裁判が必要悪としてその後の学校の平安を齎したと言う解釈を校長は下しているとも解釈でき、尾野真千子が本当のことを言っているのかは疑えば疑えます。いやむしろ、原作や映画の成立には偽証は必然であり、その必然が裁判と言う非日常を成立させるのよねとも感じます。裁判では生徒だけで進行され、大人は一旦排除されます。これは大人の観客に、子供の立場に立つことを禁止する事を要請しています。親が子ではなくなった子を見る、教師が生徒ではなくなった生徒を見守る事を想像する事が出来るか。一方証言に立つ大人たちは誠実さを見せ、自らの弱さや愚かさ、間違った判断を明らかにして謝罪する事になります。ここに居心地の悪さは感じると思うのですが、私たちにはこうした形で子供たちの前で謝罪する事は起こり得ないことはリアルな感触なはずです。主人公の女の子が親と対立して家を飛び出して、走る最中に雨が降り出します。この演出は失敗していると感じるのですが、先述のブラスバンドと同様、大人としての手つきが表面化します。主人公はトラックに撥ねられそうになり、後から娘を追いかけてきた佐々木蔵之介に想像の機会を与えます。前編で死んだ女の子との連想で子供の死んだの未来の可能性について。ですが前編で女の子を撥ねた運転手目線のカットが有ったように、起きた事と想像は、あるいはその証言とはうまく重なり合わないように思えます。さて最初に雪の中から現れる死んだ男子生徒の眼が印象的です。彼が死の前に何を考えていたかは、裁判の証言によって明らかになりますが、彼の人となりは明確にはなりません。彼が嫌な奴だったのか、彼が好きになれないとしたら観客は彼の何を非難すべきなんでしょうか。彼はちょっとフロイトの超自我の視覚化みたいな役割が有り、特定の人物の前にしか証言上現れませんし、非難の視線を浴びせません。黒木華と主人公との違いとは、彼の視線を意識しながら無視した黒木が市川実和子に殴られることと、彼の言葉を受け止め理解しようと裁判を画策する主人公の違いになります。階段下で女子生徒が男子生徒に暴力を受けているのを、階段上のテラスで目撃する主人公、その背後に現れる死んだ男子生徒。背後から有るべき社会性を訴え非難する存在、言葉で理性で批判する存在が死んだ時、子供たちは死ぬべきか、生きるべきかを裁判で量るとは、生き延びた大人からすれば居心地悪いことこの上ないわけです。ただその時にテラスに居合わせる事は、トラックに撥ねられる事と同じ事であり、観客には謝罪する機会はもう無いんです。収まるべきところへ収まる後編が、前編よりもいささか退屈に感じるのは予測されましたが、自分がもっと若ければ感じる事もビビットなものになるだろうなと。, この物語を通じて著者の最も表現したかったことが「ソロモンの偽証」なのだろうか?小説として数々の賞を取った作品ということであるが、前編の期待値に対して後編の肩透かし感が大きい。後編で大きく裏切られるようなトリックや驚かされる事実が隠されていたかというとそこまでの衝撃はなく、むしろ起きていた出来事をストレートに解説すべく種明かしがつけられた感じが否めないので、一本の2-3時間ものとかならまだ納得はできたのだとは思う。小説と映像化したものとで乖離があるのかもしれないので今度小説を読んでみようと思う。(以下ネタバレ含む)著者のインタビューで、賢い者、社会や権力のような象徴をソロモンと称して、それらが行う偽証というニュアンスでタイトルをつけたことを述べられていた。「結局それは誰の偽証なんだ?」というよりも、物語を通じて偽証をしている様々な人物たち、ひいては人間そのものの有様を意味しているのではないかと思う。ただ自殺した柏木の拗らせ具合が全てもの発端であるにもかかわらず、彼への共感や説明的フォローがほとんどないので強引な種明かしに見えてしまった感は否めない。哲学的要素や因果応報・報いを表現していると考えても、三宅と松子の差はあまりにも残酷だ。あと、大人になってからの藤野の回想で物語が構成されている点の必要性もあまり感じられない。大の大人、ましてや校長レベルの教育者が伝説と持ち上げていたことにも少し違和感もある。物語だから仕方ないとはいえ。また、フィクションであるからこそむしろそのバランスをしっかりすべきだったのではとも思うが、悪い意味でリアリズムをねじ込んでいたり、肝心のところでリアリズムとかけ離れていたりするので余計に共感が薄れて、そのために表現したかったことがフワッとしてしまっているようにも思えた。総じて、別に酷評するほどのものでもないが、前編から期待して観ていただけに後編の展開に納得いかない人も少なくないのではと感じた。, 多くの感想にあるように全編は★4で後編は★2というところ、特に事件の発端になる自殺(ネタばれ)した柏木って子はもっともらしく弁を述べているが嫌な子供ともいえるね。よく言えば早熟、たかが中学生で身辺の悩み(例えば学校の成績とか小遣いの少なさとか)でなくて、人生そのものの存在を悩んでいるなんて、お前は太宰か芥川か(^^)/それに他人を偽善者なんて言える立場かと可愛げがない。, イキすぎたイジメとイキすぎた厨二病野郎に出くわしたら大人に相談するんだぞ!, まず、キャストがいい。演技もだが板垣瑞生さんの謎めいた美少年感が最高だ。学生役は全員キャラが立っていて分かりやすく味がある。ネタバレしない範囲で書きます。裁判の目的も進行も14歳の学生達がやっているという点を忘れてしまうとミステリーの回答編としては物足りない。柏木君の言動や行動も度が過ぎた思春期特有のものだがそうなる過程が想像力で補完できないと「全てコイツのせい」という感想で終わってしまうと思う。思春期の感受性と突飛な行動、暴力や支配欲の抑えが効かない未熟さ、不安や恐怖への対応と心理を理解できるならさらに楽しめる作品だと思う。, テイストとしてはヘビーかつトリッキーですが、根本的には青春作品であることを思い出しながら見ると楽しめるかと思います。それこそ14歳の視点で物事を描いてますから、起きる出来事全てが劇的です。ただ結実もまた14歳の視点ですから曖昧でフワフワしている。その雰囲気を一歩下がって見るのが基本構造として面白くなるタイプの青春物だと思いました。ただ、、その視点を観客に与えるはずの尾野真知子の回想仕立てがまるで機能していない、ちょっと致命的なミスかもですね。, ストーリーは、前半がものすごいから後半でだれるのは、まあしょうがないかな、と思います。柏木くんの厨二病全開に、驚きすぎて、そして哲学がなさすぎて、かまってちゃんな感じもあって。ただ、それと自死という選択をつなぐためにはもう少し描かなきゃいけない部分があったように思うんです。不登校児童の事実、病み、人間関係をつなぐ、あるいは断つ何か。 藤野涼子さんが二人の女の子がいじめられている場面で逃げ出そうとしたのを柏木くんが止めました。不登校だった彼がなぜ制服で外に出ているのか。そこがよく分からなくなってしまって、後半で解決するのかと思いきや解決しなくて、残念でした。 話は変わって、藤野涼子さん。今、大活躍されていますが、この時は1万人規模のオーディションを勝ち抜いて主役の座を得たようです。中学生としてのみずみずしさ、清々しさがあります。そして目の力が本当にすごい。それを見ることができただけで、満足しています。岡田斗司夫が「いい意味で金をかけていない」と言っていましたが、その感じです。本当に才能ある俳優さんを、舞台で見ているような感じになりました。 柏木くんの描き方は、原作ではどうだったのだろうか、と思って、今度原作を読んでみようと思います。,
映画『ソロモンの偽証』BD&DVD前後篇同時発売!コンプリートBOXも cinemas PLUS映画『ソロモンの偽証』BD&DVD前後篇同時発売!コンプリートBOXも  cinemas PLUS

ソロモンの偽証 後篇・裁判 DVD - メルカリソロモンの偽証 後篇・裁判 DVD - メルカリ

ソロモンの偽証 後篇・裁判 [DVD] 映画  ソロモンの偽証 後篇・裁判 [DVD]  映画

おはようございます ヒロチ~の最近のDVDを見るならこれ!おはようございます  ヒロチ~の最近のDVDを見るならこれ!

ソロモンの偽証 後篇・裁判 が見放題! Hulu(フールー) お試し無料ソロモンの偽証 後篇・裁判 が見放題!  Hulu(フールー) お試し無料

ソロモンの偽証 前篇・事件後篇・裁判 DVD全2巻セット - メルカリソロモンの偽証 前篇・事件後篇・裁判 DVD全2巻セット - メルカリ

ソロモンの偽証 前篇・事件 後篇・裁判 2巻完結セット - メルカリソロモンの偽証 前篇・事件 後篇・裁判 2巻完結セット - メルカリ

ソロモンの偽証 後篇・裁判 [DVD] 映画  ソロモンの偽証 後篇・裁判 [DVD]  映画

YESASIA: ソロモンの偽証 後篇/裁判 (2015/日) (DVD) (台湾版) DVD - 藤野涼子, 板垣瑞生, Cai Chang International Multimedia Inc. (TW) - 日本映画 - 無料配送YESASIA: ソロモンの偽証 後篇/裁判 (2015/日) (DVD) (台湾版) DVD - 藤野涼子, 板垣瑞生, Cai Chang  International Multimedia Inc. (TW) - 日本映画 - 無料配送

◆ソロモンの偽証 後篇・裁判(DVD)◆

原作・宮部みゆき。日本映画史上最強の
ヒューマン・ミステリー超大作、誕生。


■ベストセラー作家・宮部みゆきの最高傑作が映画化!
構想15年にして、連載9年!宮部みゆき作家生活25年の集大成にして最高傑作と謳われるミステリー巨編・売上累計300万冊超えの大ベストセラー「ソロモンの偽証」を完全映画化。
■主人公は1万人の中から選ばれた中学生と映画界を代表する豪華俳優陣!
役名を芸名にして女優デビューする主役の藤野涼子に話題沸騰!
ほかに“E‐girls”のメンバーとして活躍する石井杏奈、お笑いコンビ「まえだまえだ」の前田航基などフレッシュな面々!
そして共演は佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世、黒木華、尾野真千子ら日本映画界が誇る豪華俳優陣。
■主題歌はU2の名曲「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」
U2が曲を主題歌として提供するのは日本映画史上初めての快挙!! 新曲のタイアップではなく、過去の代表曲を主題歌として提供するという異例のコラボレーション!!
■出口調査で驚異の満足度!作品評価が非常に高い作品。
■前篇amp;後篇の本編ディスク&特典ディスクの豪華3枚組!
豪華版の特典ディスクには、クランクインまでの道のりや、白熱した撮影現場に密着したメイキング映像を収録。


ストーリー
(前篇・事件)
クリスマスの朝、雪が降り積もった城東第三中学校の校庭で2年A組の生徒・柏木卓也の死体が発見される。
警察も学校も飛び降り自殺と判断するが、後日、学校関係者のもとに、柏木の死は自殺ではなく、大出俊次をリーダーとするいじめグループによる殺人だったと訴える匿名の告発状が届く。
やがてそれはマスコミにも伝わり、ワイドショーを連日賑わすことに。それでも学校側は穏便に事を収めようと後手を踏むばかりで、事態は悪化の一途を辿っていく。
そんな中、事件の第一発見者で2年A組のクラス委員を務める藤野涼子は、大人たちには任せておけないと、自ら真実を暴くべく立ち上がる。
そして、全校生徒に対し大出を被告人とする学校内裁判の開廷を提案する藤野だったが…。

(後篇・裁判)
前代未聞の中学生による校内裁判、遂に開廷。被告は、告発状によってクラスメイト殺害の嫌疑がかけられた問題児。
校内裁判の提案者である藤野涼子は検事として、彼の有罪を立証しようとする。対する弁護人は、他校生ながら裁判に参加する神原和彦。さまざまな思惑が絡み合う中、真相を究明しようと彼らは必死に奔走する。
そして、裁判は思いもよらぬ人物の証言で幕を閉じる。
真相を知った彼らが、その先に見たものはー。


特典映像
特報、予告(第一弾)、後篇予告(劇場公開時本編後付)

原作宮部みゆき「ソロモンの偽証」(新潮文庫刊)
監督成島出
脚本真辺克彦
音楽安川午朗
主題歌U2「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」

CAST
藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩
佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、田畑智子、津川雅彦、余貴美子、松重豊、小日向文世、尾野真千子


©2015『ソロモンの偽証』製作委員会

※商品仕様、特典等については変更となる場合がございます。


メーカーによる説明

ソロモンの偽証 前篇・事件 [DVD] ソロモンの偽証 後篇・裁判 [DVD]
製品仕様 DVD DVD
発売日 2015/8/19 2015/8/19

#おトク

ソロモンの偽証 後篇 裁判 DVD


カスタマーレビュー
ni3ga6 2022-12-07
近くのホームセンターより安く購入できました。ナショナル製品ですので、安心して工事できました。
ぼんでりんご 2022-12-07
ちゃちさは否めないですwあと、全体がゴムになっているので、調整などが全く出来ずワンサイズです。このサイズよりかなり大きめなウエストの方はゴムが伸びたとしても、見た目がどうかな?という感じ。逆にウエストが細過ぎてもベルトの要を成しません。サイズを確認して買わないと無駄な買い物になりそうです。幸い、私は丁度きつくもなく緩くもなかったので、ちゃちいなぁと思いつつも使用します(^_^;)
佐藤 2022-12-07
黒くて四角くてビジネスっぽくないリュックを探してました。お手軽な値段で買えるので良かったです。
小林勝利 2022-12-07
仕事を始めた彼女のプレゼントに購入しました。非常に喜んでもらいました。